抗がん剤治療できる|血栓によって起こる脳梗塞の原因と治療方法を知ろう

血栓によって起こる脳梗塞の原因と治療方法を知ろう

男性と女性

抗がん剤治療できる

診察室

子宮頸がんは、検査をするとほぼ確実に発見することができます。そのため、症状が表れたと思ったらすぐに病院に行って検査を受けることです。初期の症状としては生理でないのに出血を起こしたり、生理の量が急に増えることなどが挙げられます。このような症状があらわれたら一度疑ってみましょう。30歳以降の女性に多く見られるがんではありますが、最近は20代女性にも見られるようになりました。もし妊娠中に子宮頸がんが発見されたとしても、早期発見であれば治療しながら出産することも可能です。このように、早期発見は母体の治療だけでなく胎児にも大きく影響があることです。少しでも症状が表れたと感じたらすぐに検査を受けましょう。

子宮頸がんかもしれないと思ったら検査を受ける必要があります。その最初の検査は細胞診です。これは子宮の入口を綿棒でこすって細胞を取ります。この細胞が正常なのかがん化されている細胞なのかを顕微鏡で確認します。ここで子宮頸がんの可能性があれば組織診を実施します。がん化している疑いのある細胞の組織を部分的に切り取ってさらに顕微鏡で確認します。他にもコルポスコープ診やエコー検査なども行って特定します。もし子宮頸がんの場合は、抗がん剤を使ってがん細胞の増殖を抑制することが一般的です。種類は100以上にものぼりますが、投与の方法には注射と錠剤の2種類です。子宮頸だけでなく全身の細胞にも効果的なので、もし転移していても、その治療をすることができます。